<< 他党候補を推薦せず=参院選、自民との協力見直し−山口公明代表(時事通信) | main | 遺体は32歳女性会社員=6日から不明、殺害後切断か−死後7〜10日・福岡県警(時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


B型肝炎訴訟 10地裁で初の和解勧告 札幌地裁「救済範囲を広く」(産経新聞)

 集団予防接種の注射器使い回しでB型肝炎ウイルスに感染したとして、全国10地裁で係争中のB型肝炎訴訟のうち、患者や遺族57人が国に約20億円の損害賠償を求めた北海道訴訟の進行協議で、札幌地裁は12日、和解を勧告した。全国のB型肝炎訴訟で裁判所が和解勧告を出すのは初めて。

 原告側弁護団によると、中山幾次郎裁判長は双方に対し、和解協議で検討される救済範囲について「各争点について救済範囲を広くとらえる方向で判断し、合理的救済金額を定めたい」などと述べ、5月14日の次回期日までに和解協議に応じるかどうか判断するよう求めた。

 原告側は和解による解決を求めており、今後国側が和解協議に応じるかが焦点となる。

 前回1月29日の進行協議で、中山裁判長は「和解で解決することが望ましい」と述べ、和解に向けた検討をするよう求めていた。

 B型肝炎訴訟をめぐっては、平成18年6月に最高裁が注射器の連続使用を放置した国の責任を認め、札幌市の患者ら原告5人の勝訴が確定した。しかしその後、患者全体に対する具体的な救済が進まないことから、20年3月に新たに提訴。現在全国で、患者本人や遺族ら計383人が原告となっている。

民公接近 与党から不満続出、連立に影響 小沢氏ダンマリ(産経新聞)
有事の核持ち込み、容認せず=岡田外相発言に不快感−平野官房長官(時事通信)
「7年前に放火」供述はうそ=横浜で出頭の男性−大阪府警(時事通信)
鳩山政権半年、支持率低迷で閣僚に悔しさにじむ(読売新聞)
丸川珠代参院議員が国会でサイヤ人に変身(スポーツ報知)

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • 17:03
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
リンク
ブラック キャッシング OK
無料ホームページ
探偵
副業
カードでお金
クレジットカード現金化 還元率
探偵社
クレジットカード現金化 即日
ネットビジネス
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM